法人業務個人業務相続・資産税コンサルティングM&A人事・労務・助成金
成長する会社はどちら?ゾウの食べ方資金調達と借入金企業防衛
起業時の社会保険コストを考える社会保険料・労災について助成金を活用しよう!

経営コラム

column

資金調達と借入金

企業経営に於ける主要な要素として、「ヒト、モノ、カネ、情報」などと言われます。いずれも、会社の利益の源泉となる(ならなければならない。)経営資源です。ところが、人件費や商材のコストに払う意識に比べ、資金調達についての意識はそれ程でないという企業が多いのです。 良し悪しは別として、会社の存続を考えた場合、赤字続きでも、資金調達さえ出来れば可能です。自己資金はどれだけ投入できるのか?借入はどう返済するのか?等、不測の事態に備えた計画が必要です。安易な借入は事業撤退すら困難にします。
資金調達
自己資本について
自己資本とは、会社が投資家から集めた資本や、今まで会社が積み上げてきた利益の蓄積のことをいう。借入金や社債など他人から借りた資本を「他己資本(負債)」といって区別している。中小企業の多くは、本人とその親族から開業資金を集め、資本金とするパターンが多いようです。
自己資本は、返済する必要のない資本で、会社にとっては安定した資金源になる。よって自己資本が増えるほど会社は財務的に安定する。借入れなどの他人資本は、返済できない場合、会社が債務不履行(デフォルト)に陥るリスクがあります。
借入金について
●割引手形
手形割引(てがたわりびき)とは、満期前の手形を第三者へ裏書譲渡し、満期日までの利息や手数料を差し引いた金額で売却することである。手形割引を依頼したものを割引依頼人、手形を割引いたものを割引人、割引かれた手形のことを割引手形(わりびきてがた、略称は割手)という。売掛金の回収と買掛金の支払い時期のズレなどを解消する手段になる。

●手形貸付
金融機関に対し、期日を定めた手形を振り出して、借入を受ける方法。比較的短期的な資金手当に利用することが本来の趣旨だが、実務的には「手形のジャンプ」というかたちで、長期借入金化してしまっていることが多い。 手形の書き換えについては金融機関の判断に拠るため、アテにしていた書き換えを断られ破綻することも有り得る。

●証書貸付
設備投資等の長期的な資金需要を賄う為に用いられることが多い。借入のうちでは企業にとってはもっとも安定的に資金目処が付けられる。

●当座貸越
当座預金に予め一定額を定め、随時引き出しが可能な状態にしておくことで、急な出費に備える。
株式公開
株式の公開により、企業は証券市場における機動的な資金調達が可能になり、株主にとっては投下資本の回収が容易になるなどの利点がある。また、企業にとっては、知名度や相対的な信用度のアップが図れ、事業の展開の円滑化や、優秀な人材の確保がしやすくなる。市場の厳しい評価にさらされ、投資家への説明責任を求められることから事業の改革を通じた競争力の強化やコンプライアンスなどへの積極的な取り組みにつながるといったメリットもある。
社債
社債(しゃさい)とは、会社が事業拡大等の為の資金調達を目的として起債し、それにより有価証券たる債権が発行される債権である。また、その際に資金提供者に発行する債券についても指すことがある。
助成金
国や地方公共団体が、政策的見地から一定要件を満たした企業に対し、助成金の交付を行うことがある条件は満たしても予め申請しなければ、交付が受けられないケースが殆どなので、日頃から情報収集が必要になる。新たな人材を確保しようとするとき、厚生制度を整備しようとするとき、設備投資を行おうとするとき、新製品を開発しようとするとき等に検討の余地アリ。但し、全額助成を受けられるケースは少なく、費用の50%程度のものが多い。
融資を受ける
現状、開業当初は保証協会付が中心のようです。又、初回の融資の際は審査に時間がかかる為、最低でも2週間程度前に相談する必要があります。当然、当初は返済できるつもりで融資申し込みするわけなので、担保や保証人も安易に付けてしまいがちなのですが、長い目で見た場合、ここをしっかり交渉することは大事だと思います。表面金利に目を奪われることなく保証料や将来的な展望も含め考慮しましょう。一回、借入を起こすとその後、何年も付き合いが続くことになります。融資は都銀、地方銀行、信用金庫だけでなく、政府系金融機関や、商工会議所が行っていることもあり、条件面で有利なこともあります。自社の戦略に合致した融資を獲得しましょう。 
融資交渉にあたって
融資を有利に進めるには、事業の実績を積んでいくことが一番です。実績がない、思わしくない場合でも、経営者の姿勢次第ということもあります。すなわち、経営者が自社の経営をしっかり把握しているか?経営についてしっかりとしたビジョンがあるか?事業計画はどうか?職場の雰囲気はどうか?などなど意外とチェックされているところは多いのです。
まずはご相談ください。
事業計画作成等、融資相談も随時受け付けております。 ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。